本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪会議論文≫
1st International Conference on Geotechnical and Geological Engineering –GeoEng2000
1) Yasuda, S. and Berrill, J. : Observation of the earthquake response of foundations in soil profiles containing saturated sands, 1st International Conference on Geotechnical and Geological Engineering –GeoEng2000, Issue Lecture, pp.1441-1470, 2000.
2) Yasuda, S., Yoshida, N., Kiku, H. and Uda, M. : Estimation of liquefaction-induced deformation of river levees by a simple method, 1st International Conference on Geotechnical and Geological Engineering –GeoEng2000, 2000.

International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi Earthquake
1) Yasuda, S., Yoshida, N., Sato, M., Azuma, H. and Kamei, M, : Settlement of Buildings due to liquefaction during the Chi-chi and other earthquakes, Proc. of International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi Earthquake, Vol., pp.58-64, 2000.

4th International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics
1) Yasuda, S., Abo, H., Yoshida, N., Kiku, H. and Uda, M.: Analyses of liquefaction-induced deformation of grounds and structures by a simple method, 4th International Conference on Recent Advances in Geotechnical Earthquake Engineering and Soil Dynamics, Paper No.4.34, 2001.

≪解説・報告≫
1995年兵庫県南部地震5周年特別企画パネルディスカッション
安田進:レベル2地震動に対するシルト質砂の液状化判定時の問題点,1995年兵庫県南部地震5周年特別企画,土木学会,pp.77-802000.
【土と基礎】
安田進:地盤防災,35回地盤工学研究発表会での展望”,土と基礎, Vol.48, No.12, pp.5, 2000.

≪学会発表≫
【第35回地盤工学研究発表会】
1) 安田進・原田健二・荒井大介・風見健太郎・佐藤貴紀・杉本佳彦:飽和地盤におけるN値と密度,静止土圧の関係,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.1435-14362000.
2) 安田進・松本昇・山内浩:初期せん断応力を加えた関東ロームおよびしらすの動的特性について,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.1653-16542000.
3) 安田進・清水善久・入澤恒裕・細井学:液状化にともなう流動に細粒分が与える影響に関する簡易解析,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.2255-22562000.
4) 安田進・安保秀範・宇田将人:フーチング基礎の液状化にともなう沈下に関する簡易解析,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.2237-22382000.
5) 安田進・国生剛治・沖村孝・吉田望・時松孝次:トルコ・コジャエリ地震によるサパンジャ湖岸の地盤変状,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.223-2242000.
6) 安田進・樋口佳意・中村知嗣・細野康代:高い振動数における細粒分を含む砂の液状化試験,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.1659-16602000.

【土木学会第55回年次学術講演会】
1) 荒井大介・安田進・福井芳樹・小澤和弘・前川太・遠藤信之・吉本憲正:コンパクションパイルの複合地盤特性が液状化に与える影響,土木学会第55回年次学術講演会講演集,Ⅲ-B2062000.
2) 樋口佳意・安田進・中村知嗣:高速載荷下における液状化した砂の粘性係数,土木学会第55回年次学術講演会講演集,Ⅲ-A1032000.
3) 宇田将人・安田進・安保秀範:鉄塔基礎の液状化対策に関する簡易解析,土木学会第55回年次学術講演会講演集,Ⅲ-A1632000.
4) 松本昇・安田進・清水善久・小金丸健一・岩谷裕:東京の沖積砂層における液状化強度の問題点,土木学会第55回年次学術講演会講演集,Ⅲ-A1192000.
5) 安田進・清水善久・小金丸健一・松本昇・岩谷裕:東京の沖積砂層における液状化の新しい考え方,土木学会第55回年次学術講演会講演集,Ⅲ-A1202000.

【土木学会第28回関東支部研究発表会】
1) 安田進・清水善久・小金丸健一・糸井秀利・小鹿大介:関東地震で液状化した地点から採取した試料の特性,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.376377, 2001.
2) 出野智之・安田進・宇田将人・櫻井裕一:液状化対策を施した河川堤防の沈下に関する簡易解析,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.384385, 2001.
3) 風見健太郎・安田進・佐野秀紀・鈴木宏和:地震時における海岸変状の事例と実験,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.386387, 2001.
4) 山下丈二・安田進・勝沼美雪・渡邉隆夫:地盤の密度が液状化による浮き上がりに与える影響および模型実験の再利用法,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.426427, 2001.
5) 入澤恒裕・安田進・規矩大義・清水良純:トルコ・アダパザル市におけるスウェーデン式サウンディング試験,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp444445, 2001.
6) 丹羽俊輔・安田進・原田健二・大河原功・小川紀幸:シルト質砂におけるN値と密度,静止土圧計数の関係,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.456457, 2001.
7) 櫻井裕一・安田進・宇田将人・出野智之:密な砂における液状化後の変形特性,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.492493, 2001.
8) 松本浩一・安田進・清水善久・小金丸健一・入澤恒裕:東京低地における傾斜地盤の流動と細粒分の影響,土木学会第28回関東支部技術研究発表会講演概要集, pp.494495, 2001.

ナビゲーション