本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪著書等≫
Case histories of post-liquefaction remediation
1) Case histories of post-liquefaction remediation (4.1, 7.1を分担執筆), Technical Committee for Earthquake Engineering, TC4, ISSMGE , 2001.

≪学術誌論文≫
【地盤工学会論文報告集(Soils and Foundations)】
1) Masuda, T., Yasuda, S. Yoshida, N. and Sato M. : Field investigation and laboratory soil tests on heterogeneous nature of alluvial deposits, 地盤工学会論文報告集, Vol.41, No.4, pp.1-16, 2001.
2) Yoshida, N., Tokimatsu, K., Yasuda, S. Kokusho, T. and Okimura T. : Geotechnical aspects of damage in Adapazari city during 1999 Kocaeli, Turkey earthquake, 地盤工学会論文報告集, Vol.41, No.4, pp.25-45, 2001.
3) Shimizu, Y., Yasuda, S. Morimoto, I. and Orense R. : Development of sensor for monitoring seismic liquefaction,
地盤工学会論文報告集, Vol.42, No.1, pp.35-52, 2002.

≪会議論文≫
Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE
1) Yasuda, S., Irisawa, T. and Kazami, K.: Liquefaction-induced settlements of buildings and damages in coastal areas during the Kocaeli and other earthquakes, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.33-42, 2001.
2) Yasuda, S., Yoshida, N. and Irisawa, T. : Settlement of buildings due to liquefaction during the 1999 Kocaeli earthquake, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.77-82, 2001.
3) Yoshida, N., Suetomi, I, Kiku, H. and Yasuda, S.: Geotechnical aspects of 2000 Tottoriken-seibu earthquake, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.83-89, 2001.
4) Kiku, H., Yoshida, N., Yasuda, S., Irisawa, T., Nakazawa, H., Shimizu, Y., Ansal, A. and Erken, A. : In-situ penetration tests and soil profiling in Adapazari, Turkey, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.259-265, 2001.
5) Tsukamoto, Y., Ishihara., K., Nakazawa, H., Yasuda, S. and Horie, Y. : Soil properties of the deposits in Adapazari from laboratory tests, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.275-280, 2001.
6) Fujiwara, T., Yasuda, S., Satoh, M., Abo, H., Horikoshi, K. and Kawamura, N. : Countermeasure against settlemeny of power transmission tower due to liquefaction, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.351-356, 2001.
7) Maegawa, F., Yasuda, S., Fukui, Y. and Harada, K. : Effectiveness compaction pile method as a measure against liquefaction under intense, Proc. of the Satellite Conference on Lessons Learned from Recent Strong Earthquakes, 15th ICSMGE, pp.357-362, 2001.


International Symposium on Earth Reinforcement (IS Kyushu 2001)
1) Yasuda, S., Ishinabe, H. and Murasawa, Y. : Static and dynamic strength of cement mixed soil reinforced by fibers, Proc. of the International Symposium on Earth Reinforcement (IS Kyushu 2001), pp.171 176, 2001.

14th Southeast Asian Geotechnical Conference
1) Yasuda, S., Shimizu, Y., Koganemaru, K., Isoyama, R. and Ishida, E. : Prediction of susceptible zones for liquefaction-induced ground flow in Tokyo, Proc. of the 14th 14th Southeast Asian Geotechnical Conference, pp.185-190, 2001.

【第46回地盤工学シンポジウム】
1) 安田進・安達健司・吉田望・規矩大義・出野智之・櫻井裕一:液状化に伴う盛土および直接基礎の沈下に対するALIDの適用性,第46回地盤工学シンポジウム発表論文集,pp.77-822001.

【土木学会第26回地震工学研究発表会】
1) 安田進・佐藤正行:2001年エルサルバドル地震による斜面崩壊と液状化被害の調査,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.41-442001.
2) 磯山龍二・石田栄介・安田進・東畑郁生・清水善久・小金丸健一:超高密度地震計ネットワークを用いたリアルタイム液状化空間分布推定方法,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.409-4122001.
3) 安田進・清水善久・小金丸健一・入澤恒裕・松本浩一:東京低地における傾斜地盤および護岸背後地盤の流動の簡易解析,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.489-4922001.
4) 亀井祐聡・森本巌・安田進・清水善久・小金丸健一・石田栄介:首都圏低地部における液状化推定,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.581-5842001.
5) 原田健二・安田進・山本実:レベル2地震動における締固めによる改良地盤の液状化強度の評価について,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.585-5882001.
6) 安田進・山下丈二・風見健太郎:コンパクションパイルの複合地盤特性を考慮した液状化対策効果の検討,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.705-7082001.
7) 安田進・出野智之・櫻井裕一:河川堤防の液状化対策工に関する簡易解析,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.717-7202001.
8) 安田進・櫻井裕一・出野智之:堤防の沈下に対する簡易解析の適用性,土木学会第26回地震工学研究発表会論文集,pp.721-7242001.

≪解説・報告≫
【土と基礎】
1) 安田進:第15回国際地盤工学会議Satellite Conference No.5最近の大地震から学んだこと, 土と基礎, Vol.50, No.3, pp.45-46, 2002.

【土木学会誌】
1) 安田進:液状化と流動に挑む, 土木学会誌, Vol.86, May, pp.31-34, 2001.
2) 安田進:写真で綴るその時の一枚, 土木学会誌, Vol.87, March, p.72, 2001.

≪学会発表≫
【第36回地盤工学研究発表会】
1) 安田進・清水善久・小金丸健一・糸井秀利・小鹿大介:1923年関東地震で液状化した亀有地区の地盤特性,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.391-3922001.
2) 山本裕司・森本巌・亀井祐聡・安田進:鳥取県西部地震における埋立土の液状化,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.393-3942001.
3) 安田進・旗持和洋・朝川誠・前川太・遠藤信之・出野智之・宇田将人・櫻井裕一:異方圧密下での締め固めた砂の過圧密が液状化強度に与える影響,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.403-4042001.
4) 安田進・宇田将人・櫻井裕一・出野智之:密な砂における液状化後の変形特性,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.429-4302001.
5) 安田進・原田健二・丹羽俊輔・大河原功・小川紀幸:シルト質砂におけるN値と密度,静止土圧係数の関係,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.1097-10982001.
6) 安田進・河村直明・宇田将人:鉄塔基礎の液状化対策に関する簡易解析,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.1729-17302001.
7) 安田進・山下丈二・勝沼美雪・渡邉隆夫:地盤の密度が液状化による浮上りに与える影響および模型地盤の再利用法,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.1985-19862001.
8) 清水良純・規矩大義・安田進・入澤恒裕・澤田純男:トルコ・コジャエリ地震で被害を受けたアダパサル市におけるスウェーデン式サウンディング試験,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2137-21382001.
9) 安田進・吉田望・規矩大義・澤田純男・入澤恒裕:コジャエリ地震における液状化による建物の沈下,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2161-21622001.
10) 中澤博志・塚本良道・安田進・澤田純男・清水良純:トルコ・アダパサルにおいて採取した試料の非排水せん断挙動,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2209-22102001.
11) 安田進・風見健太郎・佐野秀紀・鈴木宏之:トルコ・コジャエリ地震での海岸変状について,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2285-22862001.
12) 安田進・清水善久・小金丸健一・入澤恒裕・松本浩一:東京低地における傾斜地盤の流動の簡易解析,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2419-24202001.

【土木学会第56回年次学術講演会】
1) 櫻井裕一・安田進・出野智之:液状化後の変形特性に試験装置の違いが与える影響,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A031pp.62632001.
2) 入澤恒裕・安田進・規矩大義・中沢博志:アダパザルにおける建物の沈下量と液状化層の関係,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A109pp.2182192001.
3) 安田進・清水善久・小金丸健一・糸井秀利・小鹿大介:関東地震時の液状化・非液状化地点における地盤特性の比較,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A133pp.2662672001.
4) 藤原斉郁・堀越研一・安田進・佐藤正行:液状化によるフーチング基礎の沈下メカニズムに関する一考察,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A134pp.2682692001.
5) 風見健太郎・安田進・佐野秀紀・鈴木宏和:わが国における地震時の海岸変状の事例調査,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A167pp.3343352001.
6) 山下丈二・安田進・勝沼美雪・渡邉隆夫:地盤の密度が液状化による浮上りに与える影響,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A194pp.3883892001.
7) 出野智之・安田進・櫻井裕一:液状化に伴う直接基礎の沈下量に関する簡易解析,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A195pp.3903912001.
8) 松本浩一・安田進・清水善久・小金丸健一・入澤恒裕:東京低地の護岸背後地盤における流動の簡易解析,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A196pp.3923932001.
9) 丹羽俊輔・安田進・原田健二・大河原功・小川紀幸:シルト質砂におけるN値と密度,静止土圧の関係、土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-A225pp.4504512001.
10) 原田健二・山本実・安田進:締固め工法による砂杭打設地盤の液状化強度に関する一考察,土木学会第56回年次学術講演会講演集,V-B194pp.3883892001.

【第1回日本地震工学研究発表・討論会】
1) 安田進:最近の地震における液状化に起因した建物の沈下と粒径の関係,第1回日本地震工学研究発表・討論会梗概集,p.552001.

【土木学会第29回関東支部技術研究発表会】
1) 風見健太郎・安田進・井原千恵美・酢谷佳尚・鈴木信久:断層変位による埋設管の変形に関する実験,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-23pp.372-3732001.
2) 松本浩一・安田進・清水善久・小金丸健一:東京地区の護岸背後地盤における流動に関する簡易式,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-81pp.486-4872001.
3) 入澤恒裕・安田進・規矩大義・中澤博志:トルコ・アダパサルにおいて液状化した土の室内試験,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-88pp.500-5012001.
4) 山下丈二・安田進・田中宏征・龍田昌毅:液状化時の地中構造物の浮上り対策の検討,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-101pp.526-5272001.
5) 安田進・櫻井裕一・出野智之:液状化後の変形係数に試験装置の違いが与える影響に関する研究,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-102pp.528-5292001.
6) 安田進・出野智之・櫻井裕一:液状化に伴う河川堤防の沈下に関する簡易解析,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-103pp.530-5312001.
7) 丹羽俊輔・安田進:締固め工法による改良地盤上のタンクの沈下量に関する簡易解析,土木学会第29回関東支部技術研究発表会講演概要集,V-104pp.532-5332001.

ナビゲーション