本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪著書等≫
Recent Advances in Earthquake Geotechnical Engineering and Microzonation (Edited by A. Ansal)
1Yasuda, S.: Evaluation of liquefaction-induced deformation of structures, Recent Advances in Earthquake Geotechnical Engineering and Microzonation (Edited by A. Ansal), Kluwer Accademic Publishes, Ch.6, pp.199-230, 2004.

【理工図書】
1)安田進,片田敏行,後藤聡,塚本良道,吉嶺充俊共著:わかる土質力学220問−基礎から公務員試験までナビゲート−(第578章分担執筆),理工図書,2003.

≪会議論文≫
12th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering
1Yasuda, S., Ideno,T., Sakurai, Y., Yoshida, N. and Kiku, H. : Analyses for liquefaction-induced settlement of river levees by ALID, Proc. of the 12th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, pp.347-350, 2003.

3rd International Symposium on the Deformation Characteristics of Geomaterials
1Yasuda, S., Shimizu, Y., Koganemaru, K. and Morimoto, I. : Aging effect of sandy soils on liquefaction strength, Deformation Characteristics of Geomaterials, IS Lyon03, Balkema, pp.1319-1324, 2003.

IERE Central America Forum
1Yasuda, S.: Damage of lifeline facilities due to surface fault rupture, Proc. of the IERE Central America Forum ? Transnational Electrical Interconnections and Sustainability in Central America, 2003.

3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering
1Yasuda, S., Morimoto, I., Kiku, H. and Tanaka, T: Reconnaissance report on the damage caused by three Japanese earthquakes in 2003, Proc. of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Keynote Lecture, Vol.1, pp.14-21, 2004.
2Yasuda, S., Shimizu, Y., Koganemaru, K., Isoyama, R. and Ishida, E.: Estimation of the zones susceptible to liquefaction-induced flow in Tokyo, Proc. of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Vol.2, pp.545-552, 2004.
3Yasuda, S., Tanaka, H., Tatsuta, M. and Yamashita, J.: Several shaking table tests and analyses on the effect of countermeasures by sheet piles against liquefaction-induced floatation of a buried duct, Proceedings of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Vol.2 pp.638-643, 2004.
4Harada, K., Yasuda, S., Yoshida, N., Sato, M and Sento, N.: Comparative study on the effectiveness of compaction as a countermeasure against liquefaction during a strong earthquake, Proceedings of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Vol.2, pp.561-566, 2004.
5Koganemaru, K., Yamazaki, F., Yasuda, S., Towhata, I., Shimizu, Y. and Nakayama, W. : Super high-density realtime disaster mitigation system for city gas supply with enhanced used of GIS, Proceedings of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Vol.2, pp.613-619, 2004.
6Alam, M. J., Fukui, S., Towhata, I., Tamate, S., Tanaka, T., Uchiyama, J. and Yasuda, S. : Centrifuge model tests on mitigation effects of underground walls on liquefaction-induced subsidence of embankment, Proceedings of the 3rd International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering and 11th International Conference on Soil Dynamics & Earthquake Engineering, Vol.2, pp.537-544, 2004.

【土木学会レベル2地震動による液状化に関するシンポジウム】
1)安田進・清水善久・小金丸健一・森本巌:レベル2地震動下の液状化および液状化後の変形特性に与えるエイジング効果,レベル2地震動による液状化に関するシンポジウム論文集,pp.391-3962003.
2)中瀬仁・本田中・末広俊夫・毛利栄征・河端俊典・安田進:大型振動台実験による埋設管の浮上と個別要素解析,第48回地盤工学シンポジウム,pp.185-192, 2003.

【第48回地盤工学シンポジウム】
1)安田進,安達健司,山下丈二,小宮真悟:大型土槽による埋設管の浮上り実験に対するALIDによる解析,第48回地盤工学シンポジウム,pp.219-224, 2003.
2
)中瀬仁・本田中・末広俊夫・毛利栄征・河端俊典・安田進:大型振動台実験による埋設管の浮上と個別要素解析,第48回地盤工学シンポジウム,pp.185-192, 2003.

【土木学会第27回地震工学研究発表会】
1)原田健二・安田進・丹羽俊輔・新川直利・出野智之:細粒分を含んだ締固めによる改良地盤の評価,土木学会第27回地震工学研究発表会,論文,No.352003
2)安田進・小宮真吾:砂質土の低拘束圧下における液状化後の変形特性,土木学会第27回地震工学研究発表会,論文,No.2182003
3)本多剛・東畑郁生・玉手聡・安田進・福井聡・田中智宏・内山純一:地中壁の設置による側方流動軽減技術に関する遠心模型実験,土木学会第27回地震工学研究発表会,論文,No.3202003
4)末広俊夫・中瀬仁・毛利栄征・安田進:大型振動台実験による埋設管の浮上と個別要素法によるシミュレーション,土木学会第27回地震工学研究発表会,論文,No.3232003
5)田中智宏・安田進・村沢譲・小西武・内山純一:杭式深層混合処理工法による液状化対策効果,土木学会第27回地震工学研究発表会,報告,No.2102003
6)安田進・岸野洋也・吉崎浩二・早川俊吾:軽量土を用いた埋設管の断層対策に関する実験と解析,土木学会第27回地震工学研究発表会,報告,No.1992003
7)安田進・稲垣太浩・出野智之・桜井裕一・石川敬祐:砂質土の液状化後の変形特性に与える再構成および試験装置の違いの影響,土木学会第27回地震工学研究発表会,報告,No.2192003
8)石田栄介・安田進・磯山龍二・亀井祐聡・清水善久・小金丸健一・安田岩夫:東京低地の沖積砂質土特性を考慮した液状化推定手法の東京湾岸地域における適用範囲に関する検討,土木学会第27回地震工学研究発表会,報告,No.2502003
9)小金丸健一・清水善久・石田栄介・磯山龍二・亀井祐聡・安田進:都市ガス埋設導管における地震時護岸流動被害にリアルタイム推定手法に関する検討,土木学会第27回地震工学研究発表会,報告,No.2522003

≪解説・報告≫
【土と基礎】
1)安田進:ディスカッションセッション13都市地盤情報地盤図から地盤情報システムへ,そしてその適用へ,第38回地盤工学研究発表会総括,土と基礎,Vol.51No.12pp.30-312003.
2)安田進:ATC10都市地盤情報,第12回アジア地域会議報告,土と基礎,Vol.52No.3pp.312003.

【土木学会誌】
1)安田進:地盤災害とその軽減技術,土木学会誌,Vol.88No.9pp33-352003.
2)安田進:2003926日に発生した十勝沖の地震被害調査速報地盤および盛土・埋土に関係した被害,土木学会誌,Vol.88No.12pp42-432003.
3)土木学会平成15年度全国大会報告パネルディスカッション,地震防災と社会基盤整備,地盤災害とその軽減技術,土木学会誌,Vol.89No.1pp.1-171-192004.

【日本建築学会総合論文誌】

1)安田進:鳥取県西部地震による団地の被害,日本建築学会総合論文誌,第2号,pp.45-462004.

【基礎工】
1)落合英俊・安田進・前田良刀・藤原常男・田上裕:埋立地に基礎を持つ橋脚・橋台の事例新北九州空港連絡橋の建設事例,基礎工,Vol.31No.5pp.59-622003.

≪学会発表≫
【第38回地盤工学研究発表会】
1)安田進・稲垣太浩・緒方健治・出野智之:吉野川周辺の不撹乱試料における液状化後の変形特性,第38回地盤工学研究発表会,No.242pp.483-4842003.
2)安田進・Wang Lanmin・桜井裕一・出野智之:黄土の液状化強度および液状化後の変形特性に関する実験,第38回地盤工学研究発表会,No.247pp.493-4942003.
3)安田進・稲垣太浩・櫻井裕一・石川敬祐:3種の飽和度における盛土材の繰返し載荷後変形特性の比較,第38回地盤工学研究発表会,No.256pp.511-5122003.
4)落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・藤原常男・松下清・山本芳裕・田上裕:未圧密浚渫粘土地盤の沈下変形特性(新北九州空港連絡道路建設において),第38回地盤工学研究発表会,No.486pp.971-9722003.
5)落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・井手清治・松下清・田上裕・山本芳裕:未圧密浚渫粘土地盤の強度増加特性(新北九州空港連絡道路建設において),第38回地盤工学研究発表会,No.487pp.973-9742003.
6)安田進・小宮真悟:豊浦砂における低拘束圧下での液状化及び液状化後の変形特性,第38回地盤工学研究発表会,No.488pp.975-9762003.
7)落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・藤原常男・松永達雄・白井康夫・田上裕,洪積互層地盤における鋼管杭の支持力特性(新北九州空港連絡道路建設において),第38回地盤工学研究発表会,No.705pp.1409-14102003.
8)落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・松永達雄・伸居和典・白井康夫・田中豊記,護岸背後の橋脚鋼管杭基礎の耐震設計(新北九州空港連絡道路建設において),第38回地盤工学研究発表会,No.739pp.1477-14782003.
9)落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・藤原常男・伸居和典・山本芳裕・田上裕・高野徳義:プレロード後の強度増加を考慮した橋台基礎の設計(新北九州空港連絡道路建設において),第38回地盤工学研究発表会,No.770pp.1539-15402003.
10)安田進・岸野洋也・早川俊吾・鴨下修康:軽量土を用いた埋設管の断層対策に関する模型実験,第38回地盤工学研究発表会,No.922pp.1843-18442003.
11)中瀬仁・毛利栄征・安田進・末広俊夫:大型振動台による地中埋設構造物の浮上実験と浮上予測解析,第38回地盤工学研究発表会,No.924pp.1847-18482003.
12)安田進・田中宏征・龍田昌毅・山下丈二:液状化時の地中構造物の浮上り対策検討,第38回地盤工学研究発表会,No.927pp.1853-18542003.
13)安田進・村澤譲・小西武・田中智宏・内山純一:杭式に配置した改良体の液状化抑制効果,第38回地盤工学研究発表会,No.941pp.1881-18822003.
14)安田進・田中智宏・松本浩一・安達健司:液状化による護岸背後地盤の流動範囲に関する簡易解析,第38回地盤工学研究発表会,No.969pp.1937-19382003.
15)安田進・山口将・渡部麻衣子:液状化した密な地盤中の杭の載荷速度の影響に関する模型実験,第38回地盤工学研究発表会,No.974pp.1947-19482003.
16)安田進・松本浩一・掛川智仁・田中智宏・豊田航:液状化に起因した流動による杭の挙動に地盤の密度等が与える影響,第38回地盤工学研究発表会,No.980pp.1959-19602003.
17)安田進・清水善久・小金丸健一・松本浩一:液状化に流動に対する簡易解析ALID の適用性の検討,第38回地盤工学研究発表会,No.1009pp.2017-20182003.
18)安田進・清水善久・小金丸健一・松本浩一:東京低地の傾斜地盤における液状化による流動量の簡易式,第38回地盤工学研究発表会,No.1010pp.2019-20202003.

【土木学会第58回年次学術講演会】
1)出野智之・安田進・緒方健治・稲垣太浩:徳島と東京の沖積土における液状化後変形特性の比較,土木学会第58回年次学術講演会,V-081pp.1611622003.
2)安田進・稲垣太浩・櫻井裕一・石川敬祐:2つの試験装置を用いた液状化後のせん断剛性低下率の比較,土木学会第58回年次学術講演会,V-088pp.1751762003.
3)吉田望・安田進・規矩大義・澤田純男:レベル2地震動下の液状化に関する基礎的考察,土木学会第58回年次学術講演会,V-090pp.1791802003.
4)安田進・松本浩一・掛川智仁・田中智宏・豊田航:液状化に起因した流動による杭基礎周辺の水圧の挙動に地盤の密度等が与える影響,土木学会第58回年次学術講演会,V-100pp.1992002003.
5)安田進・田中宏征・龍田昌毅・安達健司・田中智宏・山下丈二・小宮真悟:地中構造物の浮上り対策効果に対するALID による解析,土木学会第58回年次学術講演会,V-123pp.2452462003.
6)安田進・清水善久・小金丸健一・松本浩一:土質特性の違いが液状化による地盤の流動に与える影響,土木学会第58回年次学術講演会,V-136pp.2712722003.
7)藤原斉郁・堀越研一・安田進:偏心荷重の有無が液状化地盤上の直接基礎の沈下に及ぼす影響,土木学会第58回年次学術講演会,V-139pp.2772782003.
8)福井聡・本多剛・東畑郁生・玉手聡・田中智宏・内山純一・安田進:シルト地盤上に施工した河川堤防における地震時液状化に伴う側方流動に関する遠心模型試験,土木学会第58回年次学術講演会,V-152pp.3033042003.
9)安田進,河村直明,小宮真悟:液状化による直接基礎の沈下に細粒分などが与える影響の解析,土木学会第58回年次学術講演会,V-521pp.104110422003.
10)原田健二,新川直利,安田進,丹羽俊輔:締固めによる改良地盤における液状化強度と密度の関係,土木学会第58回年次学術講演会,V-624pp.124712482003.
11)丹羽俊輔,安田進,原田健二:細粒分を多く含む地盤の締固めによる砂杭打設後の評価について,土木学会第58回年次学術講演会,V-627pp.125312542003.
12)磯山龍二・石田栄介・亀井祐聡・安田進・清水善久・小金丸健一:都市ガス埋設導管のリアルタイム護岸流動被害推定(その1東京湾における埋立エリアの抽出),土木学会第58回年次学術講演会,CS4-008pp.1151162003.
13)石田栄介・亀井祐聡・安田進・清水善久・小金丸健一:都市ガス埋設導管のリアルタイム護岸流動被害推定(その2南関東地域の液状化分布の整備),土木学会第58回年次学術講演会,CS4-009pp.1171182003.

【第2回日本地震工学会大会】
1)安田進:液状化に関する性能設計,日本地震工学会大会−2003梗概集,pp.38-392003.

【土木学会第31回関東支部技術研究発表会】
1)安田進・掛川智仁:FC FL 等を考慮した護岸背後地盤の液状化流動範囲に関する、簡易推定式の検討,土木学会第31回関東支部技術研究発表会,V-522004
2)安田進・山口将・小見允久:液状化方法の違いによる地盤中の杭の挙動に関する実験,土木学会第31回関東支部技術研究発表会,V-592004
3)安田進・小宮真悟・深谷成司:二種類の砂の低拘束圧下における液状化試験,土木学会第31回関東支部技術研究発表会,V-862004
4)安田進・稲垣太浩・石川敬祐:繰返し載荷後の変形係数に与える撹乱の影響,土木学会第31回関東支部技術研究発表会,V-872004.


ナビゲーション