本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪学術誌論文≫
Journal of Earthquake Engineering
1Yasuda, S.: Survey of recent remediation techniques in Japan, and future applications, Journal of Earthquake Engineering, Vol.9, pp.151-186, 2005.

ASCE
Shimizu, Y., Yamazaki, F., Yasuda, S., Towhata, I, Suzuki, T, Isoyama, R., Ishida, E., Suetomi, Koganemaru, L. and Nakayama, W.: Development of real-time safety control system for urban gas supply network, J. of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering, ASCE, pp.237-249, Feb.2006.

【地盤工学会論文報告集】
小金丸健一・安田進・亀井祐聡・石田栄介・清水善久・中山渉:液状化護岸流動の簡易算出方法と埋設管の耐震評価,地盤工学会論文報告集,
Vol.45No.6pp.121-1292005.

【土木学会地震工学論文集】
田中智宏・安田進・原田健二・丹羽俊輔・内山純一:レベル
2地震動下における締固め砂杭および砕石ドレーン工法の有効性に関する検討,土木学会地震工学論文集,第28巻,論文No.1322005.

≪会議論文≫
Proc. of Geotechnical Earthquake Engineering Satellite Conference
1Yasuda, S.: Recent several studies and codes on performance-based design for liquefaction in Japan, Proc. of Geotechnical Earthquake Engineering Satellite Conference, pp. 46-53, 2005.
2Yoshida, N., Yasuda. S. and Ohya, Y.: Two criteria for liquefaction-induced flow, Proc. of Geotechnical Earthquake Engineering Satellite Conference, pp. 109-116, 2005.
3Harada, K., Ohbayashi, J., Yasuda, S. and Tanaka, T.: Evaluation of liquefaction resistance of ground improved by the sand compaction method, Proc. of Geotechnical Earthquake Engineering Satellite Conference, pp. 124-129, 2005.
4Tanaka, T. and Yasuda, S.: Shaking table tests on the effectiveness of the countermeasures by installing preventing piles or a sheet piles against liquefaction-induced flow, Proc. of Geotechnical Earthquake Engineering Satellite Conference, pp. 146-151, 2005.

International Geotechnical Symposium on Geotechnical Aspects of Natural and Man-made Disasters
1Yasuda, S., Shimizu, Y., Ishida, E. and Kamei, Y.: Seismic zoning methods and their applications for liquefaction and slope instability, Proc. of the International Geotechnical Symposium on Geotechnical Aspects of Natural and Man-made Disasters, pp. ,2005.

≪解説・報告≫
【基礎工】
1)安田進:ライフラインの被害と復旧の考え方特集 新潟県中越地震の教訓と対策,基礎工,Vol.33No.10pp.53-57, 2005.
2)安田進:既設構造物のための液状化対策の考え方、基礎工,Vol.34No.4pp.5-72006.

【日本地震工学会誌】
巻頭言
液状化による地盤流動の検討方法,日本地震工学会誌平成
171月号,

≪学会発表≫
【第40回地盤工学研究発表会】
1) 安田進・稲垣太浩・長尾和之・山田真一・石川敬祐:液状化を含む繰返し軟化時における種々の土の変形特性,第40回地盤工学研究発表会,pp.525-526, 2005.
2) 安田進・石川敬祐:端野町で液状化した火山灰土の液状化後の変形特性,第40回地盤工学研究発表会,pp.2181-2182, 2005.
3) 安田進・深谷成司・小森 護:液状化による家屋の沈下に与える要因と簡易対策に関する振動台実験,第40回地盤工学研究発表会,pp.2025-2026, 2005.
4) 安田進・小見允久・安田 進・西村新吾:SMD鋼管杭等の異なる基礎をもつ家屋の液状化時沈下に関する模型実験,第40回地盤工学研究発表会,pp.2065-2066, 2005.
5)
 栃尾 健・箕輪親宏・安田 進・細川直行・森本 巌:2003年十勝沖地震における地震計基礎の浮き上がり原因調査,第40回地盤工学研究発表会,pp.2169-2170, 2005.
6)
 規矩大義・安田 進・田中智宏・伊藤 忠・中根美香:2004年新潟県中越地震における小千谷市若葉地区の人孔浮上がり被害,第40回地盤工学研究発表会,pp.2217-2218, 2005.
7)
 田中智宏・安田進・石井隆志:2種類の流動対策杭を用いた護岸背後地盤の流動対策に関する振動台実験,第40回地盤工学研究発表会,pp.2225-2226, 2005.
8)
 安田進・田中智宏・石井隆志:護岸背後地盤の流動対策に関する振動台実験,第40回地盤工学研究発表会,pp.2227-2228, 2005.

【土木学会第60回年次学術講演会】
1) 安田進・深谷成司・有山裕亮:液状化による家屋の沈下に与える加速度と相対密度の影響,土木学会第60回年次学術講演会,V,pp.291-2922005.
2) 田中智宏・安田進・掛川智人・川口和広・大矢陽介・吉田望:3次元残留変形解析による護岸背後地盤の流動対策杭の効果に関する検討,土木学会第60回年次学術講演会,V,pp.301-3022005.
3) 安田進・西村新吾・小見允久:N値が異なる地盤上の直接基礎の液状化時沈下における解析,土木学会第60回年次学術講演会,V,pp.-2005.
4) 安田進・吉田望・大矢陽介・掛川智人:液状化に伴う傾斜地盤の流動の3次元残留変形解析,土木学会第60回年次学術講演会,V,pp.311-3122005.

【第28回土木学会地震工学研究発表会】
1) 安田進・深谷成司:隣接した直接基礎構造物の液状化による不同沈下について,第28回土木学会地震工学研究発表会,No.1992006.

【日本地震工学会・大会―2005
1) 安田進:新潟県中越地震時の車両の通行からみた地盤の変形許容量の考察,第4回日本地震工学会大会―2005梗概集,pp. 146-1472005.

【地盤工学会関東支部第2回研究発表会】
1) 安田進・深谷成司・有山裕亮:矢板を用いた家屋の液状化対策効果のALIDによる解析,地盤工学会関東支部第2回研究発表会,pp. 95-962006.

ナビゲーション