本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪著書等≫
【鹿島出版会】
日本地震工学会 性能規定型耐震設計法に関する研究委員会編:性能規定型耐震設計現状と課題(2.3および3.3分担執筆),鹿島出版会,2006

≪学術誌論文≫
【地盤工学会論文報告集】
Yasuda, S. and Kiku, H.: Uplift of sewage manholes and pipes during the 2004 Niigataken-chuetsu earthquake, Soils and Foundations (地盤工学会論文報告集), Vol. 46, No. 6, pp. 885-894, 2006. 12.

【ASCE】
Shimizu, Y., Yamazaki, F., Yasuda, S., Towhata, I., Suzuki, T., Isoyama, R., Ishida, E., Suetomi, I., Koganemaru, K. and Nakayama, W.: Development of Real-Time Safety Control System for Urban Gas Supply Network, J. of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering, ASCE, Vol. 132, No. 2, pp. 237-249, 2006. 2.

【土木学会論文集】
田中智宏,安田進,石井隆志:対策杭を用いた液状化時の護岸背後地盤の流動被害低減に関する研究,土木学会論文集CVol. 62No. 3pp. 593-604,土木学会,2006. 8.

≪会議論文≫
1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology (a joint event of the 13th European Conference on Earthquake Engineering & 30th General Assembly of the European Seismology Commission)
Yasuda, S. and Kiku, H.: Uplift of buried manholes and pipes due to liquefaction of replaced soils, Proc. of 1st European Conference on Earthquake Engineering and Seismology (a joint event of the 13th ECEE & 30th General Assembly of the ESC), Geneva, Paper Number 617, 2006. 9.

Geotechnical Symposium in Roma
Yasuda, S., Inagaki, M., Nagao, K., Yamada, S. and Ishikawa, K.: Analysis for the deformation of the damaged embankments during the 2004 Niigakaken-chuetsu earthquake by using stress-strain curves of liquefied sands or softened clays, Proc. of the Geotechnical Symposium in Roma, Roma, , 2006. 3.

New Zealand Workshop on Geotechnical Earthquake Engineering 2006

Yasuda S. and Tanoue Y.: Microzonation for seismic geotechnical hazards and actual damages during a recent earthquake in Fukuoka City, Proc. of New Zealand Workshop on Geotechnical Earthquake Engineering-2006, Christcharch, pp. 252-262, 2006. 11.

2nd Japan-Taiwan Workshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfall

1) S. Yasuda, M. Inagaki, H. Itakiyo, S. Yamada and K. Kasuda: Analyses for the Settlement of Damaged Embankments during the Niigataken-chuetsu Earthquake based on a Unified Stress-strain Relationship of Liquefied or Softened Soils, Proc. of 2nd Japan-Taiwan Workshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfall, Nagaoka (長岡), pp. 270-277, 2006. 6.
2) S. Yasuda and M. Hori: Framework of Design Procedures of Pipeline Structures Against Surface Earthquake Faulting, Proc. of 2nd Japan-Taiwan Workshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfall, Nagaoka (長岡), pp. 232-235, 2006. 6.
3) S. Yasuda, N. Yoshida, Y. Ohya: Three-dimensional analysis of liquefaction-induced flow at Koshien-hama during the 1995 Hyogoken-nambu (Kobe) earthquake, Proc. of 2nd Japan-Taiwan Workshop on Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfall, Nagaoka (長岡), pp. 278-283, 2006. 6.


≪解説・報告≫
【土と基礎】
1) 安田進:災害調査を通した社会貢献,土と基礎,Vol. 55No. 1pp. 22-242007. 1.

【基礎工】
1安田進:既設構造物のための液状化対策の考え方,月刊基礎工,Vol. 34No. 4pp. 5-72006
2池田雅俊,安田進:高圧ガス施設の耐震設計・補強の歴史,現状及び展望,月刊基礎工,Vol. 35No. 3pp. 41-452007

【日本地震工学会誌】
安田進:巻頭言,日本地震工学会誌,No. 3p. 12006. 1.
安田進:液状化による地盤流動の検討方法,日本地震工学会誌,No. 3pp. 32-332006. 1.


≪学会発表≫
【第41回地盤工学研究発表会】
1) 安田進,田上裕:福岡県西方沖地震における地盤災害と事前ハザードマップの比較,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 21pp. 41-422006
2) 安田進,有山裕亮,深谷成司:隣接した家屋の液状化による不同沈下に与える家屋間距離の影響,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 684pp. 1367-13682006
3) 安田進,小見允久,八木橋瑛:液状化地盤中の杭基礎に与える地盤密度の影響に関する研究,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 760pp. 1519-15202006
4) 小金丸健一,安田進,石田栄介,亀井裕聡,清水善久:液状化護岸流動の簡易算出方法と埋設管の耐震評価,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 900pp. 1799-17802006
5) 安田進,黛峻亮,沼田大介:断層変位による建物と盛土の挙動に関する模型実験,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 944pp. 1887-18882006
6) 田蔵隆,吉田望,安田進,東畑郁生:1964年新潟地震による昭和大橋の落橋に関するヒアリング調査,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 946pp. 1891-18922006
7) 吉田望,安田進,規矩大義,中澤博志:目撃証言に基づく昭和大橋の落橋原因の推定,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 947pp. 1893-18942006
8) 安田進,清水優匡,柳沢昭彦:福岡県西方沖地震で地盤流動が発生した海の中道の砂の液状化後変形特性,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 1012pp. 2023-20242006
9) 安田進,石井千明,山田恵子,岩佐直人,樋口千恵美:自然斜面鉄筋挿入工法における地震時の定着部の影響とのり面工の効果に関する模型実験,第41回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 1047pp. 2093-20942006

【第61回土木学会年次学術講演会】
1) 安田進,沼田大介,黛峻亮:断層上の盛土の挙動に関する模型実験,土木学会第
61回年次学術講演会講演梗要集,T-320pp. 639-6402006
2) 安田進,石井千明,山田恵子,岩佐直人,樋口千恵美:自然斜面鉄筋挿入工法における地震時の頭部連結効果に関する模型実験,土木学会第61回年次学術講演会講演梗要集,V-204pp. 403-4042006
3) 安田進,齋藤盛文,鈴木聡司:低拘束圧領域における拘束圧の違いが液状化変形特性に与える影響について,土木学会第61回年次学術講演会講演梗要集,V-276pp. 547-5482006
4) 安田進,有山裕亮:直接基礎構造物の液状化対策範囲と沈下量の関係に関する解析,土木学会第61回年次学術講演会講演梗要集,V-309pp. 613-6142006
5) 安田進,有山裕亮:地盤の密度が液状化対策効果に与える影響に関する解析,土木学会第61回年次学術講演会講演梗要集,V-310pp. 615-6162006

【第12回日本地震工学シンポジウム】
1) 安田進:液状化に伴う地盤の流動,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,No. S-1pp. 25-302006
2) 安田進,清水優匡:福岡県西方沖地震による海の中道の液状化について,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,No. 0104pp. 522-5252006
3) 安田進,吉田望,大矢陽介:液状化に伴う地盤の流動の三次元効果に関する解析的検討,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,No. 0110pp. 546-5492006
4) 安田進,有山裕亮:液状化による家屋の不同沈下に与える家屋間距離の影響,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,No. 0103pp. 518-5212006

【地盤工学会関東支部第3回研究発表会 Geo-Kanto2006】
1) 安田進,斉藤盛文,鈴木秀明:低拘束圧領域における液状化変形特性に拘束圧が与える影響及び、載荷方法による液状化強度の違いについての検討,地盤工学会関東支部第3回研究発表会講演集,pp. 67-682006
2) 安田進,有山裕亮,井上貴文,渡部真理:家屋下や周囲の締固めによる実験,地盤工学会関東支部第3回研究発表会発表講演集,pp. 90-912006
3) 安田進,有山裕亮,渡部真理,井上貴文:液状化による隣接家屋の傾斜に与える地下水位等の影響の解析,地盤工学会関東支部第3回研究発表会発表講演集,pp. 93-932006

【地盤工学会北海道支部創立50周年記念シンポジウム】
安田進,清水優匡:十勝沖地震における端野町の火山灰土の地盤変状に関する流動面からの考察,地盤工学会北海道支部創立50周年記念シンポジウム論文集,pp. 23-262006

≪講習会≫
安田進:地震による液状化のメカニズムと被害−被災のタイミングと被災量−,液状化地盤の変形予測及び対策工法講習会講演資料,地盤工学会,pp. 1-82007. 2.

ナビゲーション