本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪学術誌論文≫
Soils and Foundations (地盤工学会論文報告集)
Yoshida, N., Tazoh, T., Wakamatsu, K., Yasuda, S., Towhata, I., Nakazawa, H. and Kiku, H.: Causes of Showa Bridge collapse in the 1964 Niigata earthquake based on eyewitness testimony, Soils and Foundations (地盤工学会論文報告集), Vol. 47, No. 6, pp. 1075-1087, 2007.

≪会議論文≫
4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering (4ICEGE)
1) Yasuda, S.: Methods for remediation of existing structures against liquefaction, Proc. of the 4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, Theme Lecture, Thessaloniki, 2007. 6.
2) Yasuda, S. and Ishii, C.: Model tests to demonstrate the effectiveness of a nailing method on the stability of natural slopes during earthquakes, Proc. of the 4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, Thessaloniki, Paper No. 1533, 2007. 6.
3) Yasuda, S. and Shimizu, M.: Analyses for liquefaction-induced flow during the 2005 Fukuokakenseiho-oki earthquake, Proc. of the 4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, Thessaloniki, Paper No. 1534, 2007. 6.


Workshop on Earthquake Hazards and Mitigation (EHAM-2007)
Yasuda, S.: Countermeasures against seismic failure of existing reclaimed areas by banking, Earthquake Hazards and Mitigation, I. K. International Publishing House Pvt. Ltd., Invited lecture, Guwahati, pp. 73-84, 2007. 12.

International Geotechinical Symposium

Yasuda, S., Numata, D. and Mayuzumi, S.: Model tests on the influence of surface fault rupture on the damage of pipes, houses and embankments, Proc. of the International Geotechinical Symposium, Yuzhno Sakhalinsk, pp. 531-537, 2007. 7.

5th International Symposium on Earth Reinforcement (IS-Kyusyu '07)

Yasuda, S., Higuchi, C., Ishii, C. and Iwasa, N.: Shaking table tests on the mechanism to stabilized slopes by steel nails during earthquakes, Proc. of the 5th International Symposium on Earth Reinforcement (IS-Kyusyu '07), Fukuoka (福岡), pp. 831-836, 2007.

Earthquake Geotechnical Engineering
Yasuda, S.: Remediation Methods Against Liquefaction which can be Applied to Existing Structures, Earthquake Geotechnical Engineering, Earthquake Geotechnical Engineering, 4th International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering (4ICEGE)-Invited Lectures, pp. 385-406, Springer, 2007.

≪解説・報告≫
【土と基礎】
1) 安田進:既設構造物の基礎と地盤の耐震補強,土と基礎,Vol. 56No. 3pp. 1-52008

【振動技術】
1安田進:液状化実験に関する振動台実験,振動技術,No. 16pp. 12-172007

≪学会発表≫
【第42回地盤工学研究発表会】
1) 小金丸健一,清水善久,安田進:埋設管の耐震評価のためのボーリングデータベースの利用,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 15pp. 29-302007
2) 安田進,斉藤盛文,鈴木秀明:低拘束圧領域における液状化強度に拘束圧及び試験装置の違いが与える影響,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 192pp. 383-3842007
3) 安田進,藤岡一頼,沼田大介,白鳥翔太郎:小千谷地区における道路盛土材の動的強度特性,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 565pp. 1129-11302007
4) 安田進,原直史,瀧川裕美,黛峻亮,井上匠:コンクリートブロックによる液状化時のマンホール浮上抑制に関する模型実験,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 819pp. 1631-16322007
5) 安田進,黛峻亮,井上匠:過圧密による既設マンホールの浮上がり対策に関する模型実験,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 820pp. 1633-16342007
6) 安田進,新川直利,有山裕亮,井上貴文:締固めた地盤で液状化により構造物が沈下した事例に関する振動台実験,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 850pp. 1693-16942007
7) 安田進,有山裕亮,井上貴文,渡部真理:液状化による戸建て住宅の不同沈下に与えるさまざまな地盤条件を想定した影響,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 851pp. 1695-16962007
8) 安田進,石井千明,安楽孝生,田代正史,岩佐直人:定着層を設けた斜面モデルに対する鉄筋挿入工法の耐震性に関する実験,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 914pp. 1821-18222007
9) 安田進,清水優匡,小松佳祐:地盤沈下地帯における液状化に起因した堤防の変形に関する解析,第42回地盤工学研究発表会発表講演集,No. 953pp. 1899-19002007


【第62回土木学会年次学術講演会】
1) 
安田進,清水優匡,小松佳祐:地盤沈下地帯の護岸における地震時の変形解析,土木学会第62回年次学術講演会講演梗要集,V-055pp. 109-1102007

2) 安田進,規矩大義,黛峻亮,井上匠:新潟県中越地震における刈羽村での下水道マンホール被害,土木学会第62回年次学術講演会講演梗要集,V-065pp. 129-1302007
3) 安田進,斉藤盛文,鈴木秀明:アルバニー硅砂の低拘束圧領域における動的変形特性,土木学会第
62回年次学術講演会講演梗要集,V-303pp. 605-6062007
4) 安田進,藤岡一頼,白鳥翔太郎,沼田大介:
2つの地区における道路盛土材の動的強度特性の比較,土木学会第62回年次学術講演会講演梗要集,V-310pp. 619-6202007
5) 安田進,井上貴文,白鳥翔太郎:2007年能登半島地震で被災した3箇所の盛土の性質,土木学会第62回年次学術講演会講演梗要集,V-311pp. 621-6222007

【第29回土木学会地震工学研究発表会】
1) 安田進,黛峻亮,小野瀬創:粘性土地盤中の埋戻し砂の液状化によるマンホールの浮上りと対策,第29回土木学会地震工学研究発表会報告集,pp. 1080-10852007

【日本地震工学会・大会-2007】
安田進,藤岡一頼,白鳥翔太郎:盛土における不飽和部分の地震時挙動に関する考え方について,日本地震工学会・大会−2007梗概集,pp. 34-352007

【地盤工学会関東支部第4回研究発表会 Geo-Kanto2007】
1) 安田進,斉藤盛文,直井賢治:低拘束圧領域における液状化変形特性に拘束圧及び密度が与える影響について,地盤工学会関東支部第4回研究発表会発表講演集,pp. 293-2942007
2) 安田進,白鳥翔太郎,毛利龍司:能登半島沖地震で崩壊した谷埋め盛土の土の強度特性,地盤工学会関東支部第4回研究発表会発表講演集,pp. 302-3032007

【日本地すべり学会関東支部シンポジウム】
安田進:都市域における既設造成盛土宅地の地震時安定性,特別講演,2007

ナビゲーション