本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪会議論文≫
Earthquake Geotechinical Case Histories for Performance-Based Design
1) K. Ohkubo, K. Fujioka and S. Yasuda: Slump failure of highway embankments during the 2004 Niigataken-Chuetsu earthquake, Earthquake Geotechinical Case Histories for Performance-Based Design, CRC Press/Balkema, pp. 71-82, 2009.
2) S. Yasuda, T. Tanaka and H. Kiku: Uplift of sawage man-holes during 1993 Kushiro-oki EQ, 2003 Tokachi-oki EQ and 2004 Niigataken-chuetsu EQ, Earthquake Geotechinical Case Histories for Performance-Based Design, CRC Press/Balkema, pp. 95-106, 2009.


International Conference on Performance-Based Design in Earthquake Geotechinical Engineering (IS-TOKYO 2009)
1) S. Yasuda: Relevant soil investigations and laboratory tests to estimate liquefaction-induced deformation of structures, Academics and practitioners discussion sessions, Proc. of Performance-Based Design in Earthquake Geotechinical Engineering (IS-TOKYO 2009), pp. 259-263, 2009.
2) S. Yasuda, S. Mayuzumi and H. Onose: Apporopriate countermeasures against liquefaction-induced uplift of existing manholes and pipes, Proc. of Performance-Based Design in Earthquake Geotechinical Engineering (IS-TOKYO 2009), pp. 1127-1132, 2009.
3) K. Harada, N Shinkawa, S. Yasuda, and Y. Ariyama: Study on utilizing 'performance-based design' in setting compaction improvement specifications, Proc. of Performance-Based Design in Earthquake Geotechinical Engineering (IS-TOKYO 2009), pp. 1537-1542, 2009.

Earthquake Geotechnical Engineering Satellite Conference
S. Yasuda and K. Fujioka: Study on the Method for the Seismic Design of Expressway Embankments, Invited speakers, Proc. of the Technical Committee, TC4 Earthquake Geotechnical Engineering Conference, Alexandria, Egypt, 2009.

Geo-informatics and Zoning for Hazard Mapping (GIZ2009)
S. Yasuda and H. Shitaeda: A Hazard Mapping for Liquefaction-induced Defferential Settlemant of Houses, Proc. of the International Symposium on Geo-informatics and Zoning for Hazard Mapping (GIZ2009), Kyoto, Japan, pp. 168-173, 2009.

≪学会発表≫
【第44回地盤工学研究発表会】
1) 藤堂博明, 安田進, 三村衛, 村上哲, 大井昌弘, 山本浩司: 表層地盤のデータベース連携に関する研究−全国電子地盤図の構築に向けて(その2)−, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 90, pp. 179-180, 2009.
2) 安田進, 毛利龍司, 三木佑介, 鶴田隆文: 能登半島地震などで被災した道路盛土材の繰返しせん断強度や過剰間隙水圧特性, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 143, pp. 285-286, 2009.

3) 安田進, 田中智宏, 直井賢治, 舟越あゆみ: 低拘束圧下における硅砂の密度が液状化後の変形特性に及ぼす影響, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 161, pp. 321-322, 2009.
4) 安田進, 藤岡一頼, 横田聖哉, 白鳥翔太郎, 松本真吾: 新潟県中越地震・中越沖地震における水平地盤上の盛土の沈下と地震動, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 694, pp. 1387-1388, 2009.
5) 安田進, 井上貴文, 矢島寛記, 市原久嗣: 新潟県中越沖地震で地盤変状が発生した地区の下水道管とガス導管の被害, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 699, pp. 1397-1398, 2009.
6) 安田進, 岩佐直人, 厳明光, 赤羽馨, 大塚貴之, 山尾直之: 降雨時に地震を受ける地山補強土工法の挙動に関する振動台実験, 44回地盤工学研究発表会発表講演集, No. 781, pp. 1561-1562, 2009.


【第64回土木学会年次学術講演会】

1) 安田進, 下枝浩徳: 四つの家屋不同沈下対策工法に関する振動台実験, T-212, pp. 423-424, 2009.
2) 青山翔吾, 東畑郁生, William Vargas Monge, 安田進, 後藤聡: 2009年コスタリカ・チンチョナ地震被害調査報告, T-225, pp. 449-450, 2009.
3) 東畑郁生, William Vargas Monge, 安田進, 後藤聡, 青山翔吾: 2009年コスタリカ・チンチョナ地震における斜面崩壊地点の調査, T-226, pp. 451-452, 2009.
4) 安田進, 田中智宏, 直井賢治, 舟越あゆみ: 硅砂の低拘束圧下における液状化強度および液状化後の変形特性, V-155, pp. 309-310, 2009.
5) 安田進, 南部光広: 液状化の解析に必要な地盤調査・土質試験に関するアンケート調査, V-194, pp. 387-388, 2009.
6) 安田進, 田中智宏, 初田義人: 基盤が不整形な軟弱地盤の地震応答特性に関する解析的検討, V-262, pp. 523-524, 2009.
7) 安田進, 藤岡一頼, 横田聖哉, 白鳥翔太郎, 松本真吾: 水平地盤上の盛土の地震時変形量に与える要因の解析, V-275, pp. 549-550, 2009.
8) 安田進, 横田聖哉, 藤岡一頼, 鶴田隆文, 毛利龍司: 新潟県中越地震で被災した傾斜地盤上盛土のすべり変位量の解析, V-276, pp. 551-552, 2009.
9) 清水
英樹, 伊佐野隆, 佐藤秀幸, 板垣浩三, 安田進, 井上貴文: 大口径静的締固め工法の開発に関する基礎的研究(その1), Y-175, pp. 349-350, 2009

30回土木学会地震工学研究発表会
1) 田中智宏, 安田進, 直井賢治: 種々の硅砂の低拘束圧下における液状化および液状化後の変形挙動, 30回土木学会地震工学研究発表会報告集, No. 2-0013, 2009. 
2) 安田進, 石田栄介, 細川直行: 液状化のハザードマップにおける作成方法の現状と問題点, 30回土木学会地震工学研究発表会報告集, No. 2-0018, 2009.
3) 藤岡一頼, 安田進, 白鳥翔太郎: 道路盛土材料の動的強度特性, 30回土木学会地震工学研究発表会報告集, No. 5-0009, 2009.

【日本地震工学会・大会ー2009】
1) 安田進, 下枝浩徳: 液状化による家屋の不同沈下に関するハザードマップ作成の試み, 日本地震工学会・大会−2009梗概集, pp. 236-237, 2009.
2) 原田健二, 安田進, 下枝浩徳, 大林淳, 新川直利: 性能設計を考慮した締固めによる改良仕様の設定に関する研究(その2), 日本地震工学会・大会−2009梗概集, pp. 238-239, 2009.

【平成21年度砂防学会研究発表会】
赤羽馨, 安田進, 岩佐直人, Nghiem Minh Qunag, 石井千明, 渡邊貴之:自然斜面適用地山補強土工法の降雨時挙動に関する実験的検討, 平成21年度砂防学会研究発表会概要集, P-232, pp. 488-489, 2009

【地盤工学会関東支部第5回研究発表会 Geo-Kanto2009】
安田進, 毛利龍司, 渡辺綱: 締固め度の違いが盛土材の動的強度特性に及ぼす影響, 6回地盤工学会関東支部発表会発表講演集, No. 65, pp. 219-220, 2009.

ナビゲーション