本文へスキップ

地盤工学研究室では,地震時の地盤災害に関する研究を行っています。

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系

〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

研究成果


≪著書等≫
【オーム社】
1) 安田進,山田恭央,片田敏行共著:大学土木土質力学(第13章分担執筆),オーム社,1997.

≪会議論文≫
Fourteenth International Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering
1) Yasuda, S,. Harada, K,. Shinkawa, N, : Soil conditions at liquefied and non-liquefied sites during the 1995 Hyogoken-nambu earthquake, Proceedings of the Fourteenth International Conference on Soil Mechanics and Foundation Engineering, pp.1657-1660, 1997.

Seismic Behavior of Ground and Geotechnical Structures
1) Yasuda, S., Isihara, K., Iai, S. : A simple procedure to predict ground flow due to liquefaction behind quaywalls, Eighth International Conference on Soil Dynamics and Earthquake Engineering, pp.156-157, 1997.
2) Erken, A., Yasuda, S., Nomura, H. : Shaking table tests on the lateral flow of the liquefied sandy soil behind quaywalls, Eighth International Conference on Soil Dynamics and Earthquake Engineering, pp.168-169, 1997.


China-Japan Joint Symposium on Recent Development of Theory & Practice in Geotechnology
1) Yasuda, S. : New design codes for the estimation of liquefaction potential in Japan, China-Japan Joint Symposium on Recent Development of Theory & Practice in Geotechnology, pp.327-332, 1997.

【土木学会第24回地震工学研究発表会】
1) 安田進・前島修・水長徹・井上桂介:2段階の地震動の対する液状化ゾーニング,土木学会第24回地震工学研究発表会講演論文集, pp.269-272, 1997.
2) 松尾修・安田進・山本実・原田健二・橋本隆:レベル2地振動における改良地盤の評価に関する実証的研究,土木学会第24回地震工学研究発表会講演論文集,pp.273-276, 1997.
3) 安田進・小林利雄・寺内哲也:液状化したまさ土の変形特性,土木学会第24回地震工学研究発表会講演論文集,pp.469-472, 1997.
4) 石原研而・安田進・井合進:液状化にともなう岸壁・護岸背後地盤の流動の簡易予測方法,土木学会第24回地震工学研究発表会講演論文集,pp.541-544, 1997.

【西日本工業大学開学30周年記念「自然災害における地盤の防災および構造物の復旧と補強」シンポジウム】
1) 角和夫・落合英俊・安福規之・安田進・前田良刀・坂田隆博・横田康行:新北九州航空連絡橋における埋立地盤の液状化・流動化防止対策,西日本工業大学開学30周年記念「自然災害における地盤の防災および構造物の復旧と補強」シンポジウム論文集,pp.79-86, 1997.
2) 安田進:地震時における斜面崩壊のゾーニング手法の適用性,西日本工業大学開学30周年記念「自然災害における地盤の防災および構造物の復旧と補強」シンポジウム論文集,pp.241-248, 1997.

【土木学会第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会】
1) 安田進,西川修,岡崎修,福島康弘,平井哲:ポートアイランドのまさ土の液状化強度と地盤の密度の関係,土木学会第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集,pp.107-1121997.
2) 安田進,石原研而,原田健二,野村博之:液状化にともなう護岸背後地盤の流動範囲に影響を与える要因,土木学会第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集,pp.113-1201997.
3) 安田進,野村博之,寺内哲也,田中宏征,喜田浩,龍田昌毅,原田典待:液状化による護岸背後地盤の流動とその対策工に関する振動台実験,土木学会第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集,pp.121-1261997.

≪学会発表≫
【第32回地盤工学研究発表会】
1) 安田進・小林利雄・西川修・福島康弘・岡崎修・平井哲:まさ土のN値と液状化強度に関する室内実験,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.703-7041997.
2) 安田進・石原研而・原田健二・野村博之:液状化による護岸背後地盤の流動範囲の調査,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.773-7741997.
3) 安田進・前島修・水長徹・井上桂介:地震動を考慮できる微地形による液状化ゾーニング,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.1061-10621997.
4) 松尾修・安田進・原田健二・石黒健・渦岡良介:レベル2地振動による改良地盤の評価について,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.1065-10661997.
5) 安田進・吉田喜忠・野村博之・大沢研一・田中智宏・田辺哲三:液状化の伴う地盤流動に与える密度の影響,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.1077-10781997.
6) 石鍋仁史・森本弘光・小林利雄・片上典久・斉藤邦夫:中間的な根入れを有する基礎の支持力特性,第32回地盤工学研究発表会発表講演集,pp.1405-1406, 1997.

【土木学会第52回年次学術講演会】
1) 福島康弘・安田進・小林利雄・西川修・岡崎修・平井哲:飽和及び不飽和における締固めまさ土の液状化強度,土木学会第52回年次学術講演会講演概要集,pp.170-171, 1997.
2) 寺内哲也・安田進・小林利雄・星野勝俊・物井浩二:まさ土の液状化後の変形特性,土木学会第52回年次学術講演会講演概要集,pp.174-175, 1997.
3) 安田進・酒井達史・佐藤正行・吉田望:液状化にともなう鉄塔基礎の沈下量の簡易推定方法,土木学会第52回年次学術講演会講演概要集,pp.246-247, 1997.
4) 田中智宏・野村博之・安田進・吉田喜忠・大沢研一・田辺哲三:地盤改良による護岸・岸壁背後地盤の流動対策,土木学会第52回年次学術講演会講演概要集,pp.290-291, 1997.
5) 松尾修・安田進・山本実・原田健二・橋本隆:レベル2地振動に対する改良地盤の評価方と被害について,土木学会第52回年次学術講演会講演概要集,pp.408-409, 1997.

【土木学会第25回関東支部技術研究発表会】
1) 樋口桂意・森本弘光・安田進・小林利雄・川崎宏二:ポートアイランドのまさ土の動的変形特性に関する実験,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.396-397, 1997.
2) 福島康弘・安田進・中澤慎也・望月洋介:飽和度とまさ土の液状化強度の関係,土木学会第25回地盤工学研究発表会講演論文集,pp.398-390, 1997.
3) 寺内哲也・森本弘光・安田進・Erken Ayfer4種類の土のおける砂の液状化後の変形特性,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.400-401, 1997.
4) 前島修・安田進・細川清隆・渡辺善二:地震動を考慮できる微地形による液状化ゾーニングの東京低地への適用,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.402-403, 1997.
5) 田中智宏・荒井大介・安田進・小林利雄・田辺哲三:振動台実験におけるケーソン式護岸の地震時挙動,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.436-437, 1997.
6) 荒井大介・田中智宏・安田進・小林利雄・安井唯晶・新谷隆夫:振動台実験における矢板式護岸の地震時挙動,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.438-439, 1997.
7) 森本弘光・安田進・吉田望・規矩大義・寺内哲也:護岸背後地盤の流動の簡易解析における地盤定数の取り方,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.444-445, 1997.
8) 門馬宏典・安川武志・安田進・規矩大義:繰返し載荷時の履歴と液状化後のせん断特性の関係,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.448-449, 1997.
9) 水長徹・安田進・小林利雄・井邑悟史・宇野裕一:関東ロームのせん断特性に与える乾湿繰返しの影響,土木学会第25回関東支部技術研究発表会講演概要集,pp.468-469, 1997.

【土木学会東北支部技術研究発表会】
1) 松本昇・森芳信・梅村順:三軸圧縮および大型単純せん断試験結果の比較,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集, pp.318-319, 1997.

ナビゲーション